こんにちわ!
幸明です。

「 エレベーターピッチ」ってご存知ですか?

young business woman in 3d elevator

聞いたことがある方は多いと思います。
エレベーターで有力者や上役などと偶然乗り合わせたときに
エレベーター昇降中のたった数十秒の間を利用して
自分を売り込んだり、温めていた案件に興味を持たせたりする
超ショートプレゼン、みたいな感じですよ。

または、そういう場合に
効率的・効果的に相手にアプローチできるよう
短い時間で自分が思うことを伝えるための
話法や内容のことですね。

うまくいって相手が興味を持ってくれれば
改めてアポを取り付けるなど
次のステップに進める、
そういうビジネスチャンスを作るための

アクションと技術です!


これは米国で生まれた言葉です。
チャンスがあれば見逃さない
アグレッシブでビジネス精神旺盛な米国ならではですね。
日本でエレベーターで有力者や上役に出くわした時に
同じようにアプローチすることが成功に結びつくかどうかは
わかりません。

しかし、エレベーター内で売り込むことはあまりなくても
エレベーターピッチのように短い時間で
自分を語り、印象付けることができることは
みなさんにとって役立つ技術ですので

できるようになって損はありません。

ビジネスの上での出会いは多くあります。
そして、その多くが偶然であったり
ほんの短い時間に言葉を交わすだけだったりします。

また「1分程度で自己紹介を」などと
会合で言われることも多々あるでしょう。

そんな時に
みなさんは、うまく自分を語り

かつ、相手に印象付けることができますか?

このブログを読んでくださっている方には
ぜひそれができるようになっていただきたいと思います。

まず、話す内容も大事ですが
それ以前に 歩き方とか姿勢とか表情とか視線とか
つまり佇まいや態度が非常に大切です。

そして、きちんと名前と、どこで何をしている人かを
言いますよね。

ただ、ほとんどの場合は
○○会社の○○部長の○○です」といった感じではないでしょうか?

つまり、所属団体名と
自分の役職なり肩書きなりを
さらっと言って終わり、となると思います。

でも、
もし、その役職や肩書きを
下のように言い直さなければいけないとすれば
皆さんは、どのように言いますか?

「私はこういう価値を人にもたらす仕事をしています」
「あなたが私に興味を持てば、あなたにこういう価値を提供できます」

・・・短い時間で人に自分を印象づけるには
正しく自分のバリューを相手に伝えることが必要です。

ふつう、上のようなことは咄嗟には言えません。
また今まで特にセルフブランディングを意識していなかった人は
「自分の価値」を言語化して
自分の口から面と向かった相手に伝えることなど
あまり考えたことはないでしょう。

だからこそ、これを機会に
言語化して、スマートに言えるように練習しておいてください。

「スマートに」というのは

あなたの名前と簡単な肩書きに加えて
「私はこういう価値を人にもたらす仕事をしています」
「あなたが私に興味を持てば、あなたにこういう価値を提供できます」
・・・という内容を合わせて1分足らずで言えるようにしておく、

かつ

その際に内容が「自慢」のように嫌味にならないような編集しておく、

・・・ということです。

それができれば
この先のあなたの存在感は確実にアップします。

今日はぜひ頭の中で
シミュレーションしてみてくださいね。

できれば、

あなたが最も自分自身を紹介したい人間に向かって

言っているところを想像しながら
やってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。