こんにちわ!
幸明です。

エレベーターピッチってご存知ですか?

エレベーターで有力者や上役などと
偶然乗り合わせたときに
エレベーター昇降中の
たった数十秒の間を利用して
自分を売り込んだり、
温めていた案件に興味を持たせたりする。
そんなイメージで行う
超ショートプレゼン。

またはそんな場合でも
効率的・効果的に相手にアプローチできるよう
短い時間で自分が思うことを伝えるための
話法や内容のことです。

これはアグレッシブなビジネススタイルの
米国で生まれた言葉です。
「シャイ」と自覚する私たち日本人が
エレベーター内で自分を売り込むことは
あまりありません。
ですが、
エレベーターピッチのように
短い時間で効果的に自己アピールが
できることは大切です。
1対1でも大勢の前でも
自己紹介する機会は
これからどんどん増えるはずです。

まず
自分自身の名前、何をやっているか、などの
客観的情報は必須。
そのうえで、自分の価値
(自分ができることや知り合うメリット、など)
整理して伝えましょう。
そして何をしてほしいかちゃんと伝えること。
(話しかけてほしい、名刺交換してほしい、など)

自分に関係あるキーワードも
混ぜこむと印象がいっそう強くなります。

気をつけたいのは
全体のトーンが「売り込み」
のようにならないことです。

もちろん、
自己アピールが目的ではあります。
しかし
自己主張が勝ちすぎると
聞いているほうの興味は逆に削がれます。
聞く相手が
「この人とお近づきになるとおもしろそうだ」
「ちょっと話をしてみたい」
と思うような「自分の価値」を表現する気持ちで
いてください。

嫌みにならないようにさりげなく
自分という人間の「価値」を人に伝える、
これってすごく難しいことです。

それができるようになるためには
ある程度、内容を「練る」ことが
必要ですよね。
けっこう考えなければならないかもしれません。

しかし、これができれば
魅力的でスマートな自己紹介になります。
ちょっとの時間で、聞く相手に
「おっ」と思わせるようになものになるはずです。

そうすれば、
まず良い出会いやビジネスチャンスは
増えます。
そして、
自分のバリュー(価値)をスマートに語れる、
という自信が無意識にでもつくと
態度全体にも自信や余裕がでてきます。

こういった自信や余裕が
必要なのです。

ぜひとも真剣に
1
分程度で「自分の価値」を語れるような
自己紹介の内容を
頭の中でまとめておいてください。

そうそう、話の内容とともに、
表情の魅力や、落ち着いた声、
立ち居振る舞いも大事ですよ。

これはまたおいおいお話ししてまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。