こんばんわ。

幸明です!

凄い会議で有名な
久保田 記
にお会いしました。

ご存知ですか?

本でも有名な方なので知っている方は多いと思いますが、僕は初めて会議の凄さを目の当たりにしました!

逆に言えば今まで本当に無駄な会議をしてきたのだろうと反省をしました。

何が?

と言われれば全てとしか言えません。(言い過ぎです笑)

少しだけ共有しておきます♪

 

まず、生産性の良い会議ってなんですか?

 

まず、一番大事な会議をイメージしてください。

その会議で
うまく言ってること
はなんですか?

その会議で
うまく言ってないことは
なんですか?

そもそも生産性とは。

 

前提として、会議にはたくさんの会議があります。
情報共有
方針決定
ブレスト  etc

大事なことは、

意思決定の質と量

だからこそ、会話の量が大事であり、決定できる人が大事である。

 

その一つに、会議の席次が大事である?

意思決定者は、必ずお誕生日席に座る。

そして、誰を呼ぶか。
どのような場所で。
どのようなレイアウトにするか。

 

なら、
生産性の高い会議  VS  そうじゃない会議
違いはなんだと思いますか?

それは扱う言葉です。

意図的に’’言葉’’を変えて問題解決力を高めること。

 

「言葉」と言ってもわからないですよね。

使ってる言葉が悪いことが多いです。

コメントではなくて、問題解決の言葉にするということです。

 

「この部屋寒いね」

ではなく

エアコンの温度あげてください

 

「昨日頼んだ資料、まだできてないじゃん。」

ではなく

12時までに資料完成させてください」など

 

ここまで徹底して言葉を変えていくことが大切です。

あと伝えたいことがたくさんあるけどそれはまた今度話します!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。