おはようございます!
幸明です。

心の知能指数を上げる方法

心の知能指数(EQ)と言う。

最近よく思うが、僕はこのEQと言うのが物凄く低いと感じています(笑)
だからこそ、高めたいからこそ勉強して、理解して、実践する!
これが一番大事ですね。

僕は、よく色々な方からご相談を受けます。
悩みは人それぞれで
「独立したいのですが、」
「このプロジェクトを実現したい、」
「地方創生したいけど、」

色々言われると、僕から言わせれば

『やればいいじゃん』

の一言で終わってしまいます。

正解が欲しいのか、分からないけどビビりすぎてる。

仕方なく、深く聞いていくとやれない言い訳の嵐です。

初めはちゃんと聞くけど、だんだんと込み上げて来るものが出て来ます。

 

それが怒りです・・・俺ってちっちゃーーーいってめちゃ思う。怒りって器の大きさを測るものだと思っています。いつでも、誰にでも優しくあれる人でありたい。

そんなかっこいい人間がたくさんいるからだ!


人は怒ると愚かになる。私のある友人には、プロ格闘家の知り合いが多くいる。その全員が口をそろえて言うのが、「怒ったら負け」ということだ。

怒りは視野や判断力を狭め、賢い決断をする能力を著しく損なう。人は怒るとののしり、同じことを何度も繰り返す傾向があるのも、これが理由の一つだ。愚かになり過ぎて、わずかでも知性が必要なことは全くできなくなる。

米国の名門大学群「アイビーリーグ」の、天才とも言えるようなプロフェッショナルな人物が、怒りで顔を真っ赤にしてつばを飛ばしながら話す、無分別な愚か者になった瞬間を見たことがある。それは全て、かんしゃくを起こしたためだ。次のやりとりは、現実の経験に基づいて僕が作った架空の会話例だ。

私:(上司の激怒から1時間後)オフィスの全員を本当に解雇すべきですか?

上司:え、私はそんなこと言ったか?

怒りがこみあげてきたらどうするか

感情を爆発させて恥をかかないようにする最も簡単な方法は、「一旦停止」の行動を取ることだ。血圧が上がり、忍耐力が尽きそうだと感じたら、怒りの原因となる物や人から一旦離れるべき警告として考える。部屋を出る、5分休憩(あるいは1週間の休暇)をもらう、話題を変えるなど、急速に愚かな精神状態に陥ることを防ぐためであれば何でも良い。

以下に、ある論文の一節を引用する。「Measuring Emotional Intelligence: Development and Validation of an Instrument(心の知能指数の測定 手段の開発と検証)」という論文から取ったもので、さまざまな研究者の出した結論をうまくまとめている。

「心の知能指数(EQ)が高い人は、不機嫌な状態に対処でき、後ろ向きな考えにとらわれない(MayerSalovey1995)。また、EQの高い人は気分にむらがなく(SosikMegerian1999)、怒りっぽくなく、敵対的な言葉遣いをしない。短気な人は忍耐力がなく、簡単にかんしゃくを起こし、不平ばかり言い、つまらないことで気を悪くしてしまう。

敵対的な言葉遣いに関連した行動として、口論になること、強い言葉を使うこと、声を荒げること、不愉快な発言をすることなどが挙げられる(Richins1983)。怒りにより生産性が妨げられていて、個人が短気・敵対的に振舞っているときは、低いEQが示されている状況だ(MayerSalovey1995)」

つまり、ビジネスで怒りを制御できない人は、ばかものだということだ。一旦停止のボタンを押し、周囲に自分のEQを示そう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。