こんにちわ!
幸明です。

服装におけるは大切だと誰もがご存知です。

TPOとはご存知の通り、

Time(時間帯)
Place(場所)
Occasion(機会・場面)

の略ですね!

TPOを間違えると自分が恥をかく、
というのはまだいいのですが、
その場の気分を壊して周囲を戸惑わせたり
大事な方への失礼になったり、
と残念なことにもなりかねません。

TPOとは、
その場の雰囲気を周囲とどう一緒に作るか、や
相手に感じさせたい感情を
想像して気を使うものなのです。

逆にTPOについて無頓着というのは
一流どころか社会人として
心もとない限りです。

服装はある種の戦略であり、武器です。

自分の印象をコントロールしたり
相手への非言語のメッセージとなったりします。
一流は積極的に使いこなすツールと
考えていただきたいのです。

特に
最近のウォームビズ、クールビズに代表される
ビジネスカジュアルでも、いえ、
ビジネスカジュアルだからこそ
TPO感覚は重要です。

仕事を心地よくする雰囲気は
自分だけがラク、という感覚では
作れませんし、

気軽な感じでいながらも
相手への敬意は感じさせるべきだからです。

しかし、そのTPO感覚が欠けていて
ビジネスカジュアルに失敗してしまっている
管理職や経営者の方は結構多いのです。

ゴルフに行くような格好だったり
避暑地に行くような格好だったり
単にだらしないだけの印象だったり、と

周りや相手、ビジネスの場面、
そしてご自身というブランドに対して
全くなっていない印象の方も多いです。
みなさんは大丈夫でしょうか。

カジュアルではない、スーツなどのビジネス服は
着るだけでオフィシャルな雰囲気になり
それ相応に相手への敬意も表せます。

しかし、気楽で心地よいという前提に

カジュアルは、
センスやTPO感覚がないと
ただのレジャー感やだらしなさを感じる
服装に成り下がってしまいます。

そして、ご自身の品格自体も
感じさせない姿になってしまうのです。
ポジションや仕事の役割に対して
やはり雰囲気は感じさせるようにしたいですよね。

そんな方々は、男女共に
シンプルでシックな色使いがマストです。
そして、品質のしっかりしたものを
選んでください。

ビジネスカジュアルは
今やマークすべきドレスコードの一つです。
どんな印象を持たせる服装にすべきかを
ちゃんと考えていただくことをお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。