こんばんわ!

幸明です。

昔の話になりますが、僕は少しですが
ミュージカルをしてました♪

その時の学びが多く活かされている。

その一つがお腹です。
「肚をくくる」「胆力」など
人間の身体の中心部である「腹部」に関する言葉は
気力や度胸を表す言葉でもある。

皆さんは普段お腹を意識していますか?

「お腹に力を込める」大事な時には特に意識してください。

まず「お腹に力」というのは
自分の外見を磨く時に必ず必要なことです。

例えば、 姿勢をよくするとき
きれいに歩くとき
しっかりした声を出すとき
腹部は重要なパーツなのです。

ただ、「お腹に力を」というと
やはりお腹をぼんっと出す格好になる人が多いです。

本来、お腹に力を込めると 腹筋が締まりますので、
おへそのあたりやその上あたりが 少し引っ込むはず。

姿勢や歩き方を整えるときには
「骨盤をまっすぐ立てる」という内容が出てくるが
骨盤を立てると、おへその下あたりにも力が入り
腹部上部から下部まで、力がこもった感じになります。

この状態で立っている人は
弾性でも女性でも、芯がとおった力強い印象となる。

また、この状態を容易に作れると、
姿勢、歩き方、声の出し方がコントロールしやすくなる。

そして、とても大事なことですが
腹部に力がこもっている状態は、メンタルにもとてもいいらしいです。

身体の状態はメンタルの状態と均衡を保つもの。
腹部にしっかりと力が宿ると 内面が整ってくる。

何か悩みや心配事があるときには
体勢を直し お腹に力をしっかり入れた状態で
もう一度考察してみよう。
頭がすっきりして、力が湧いてくることがわかるから。

もちろん、力を抜きたいときは抜いてリラックスしてください。
でも、いつも弛緩していたら、これはダメです。
意識とコントロールが大事です。

「お腹に力」覚えておいてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。